就職氷河期時代の支援

就職氷河期世代の就労支援をします‼  (サポステ:15~39歳  サポステプラス:40~49歳)

「就職氷河期世代」とは

就職氷河期世代」とは、1993年(平成5年)から2004年(平成16年)に学校卒業期を迎えた世代を指します。(2022年4月1日において大卒で概ね40~51歳、高卒で概ね36~47歳に相当します)

就職氷河期」とは、1994年に流行語大賞に選ばれたことから世間に広まった造語です。別名「ロストジェネレーション(失われた世代)」とも呼ばれています。

就職氷河期は、一般的には1993年〜2005年までの就職難であった約10年間を指します。バブル期に大量募集や一斉採用を行っていた企業は、1990年のバブル崩壊に伴い人件費の削減を実施しました。

企業の新卒採用枠が減らされ、新卒者の就職活動が難航してしまいました。さらに、1990年代後半〜2000年頃は金融不安、ITバブル崩壊によりさらに景気の悪化が進み、「超氷河期」と称されるほど就職活動が絶望的になったのです。

就職活動が難航して、正社員で働けずに非正規社員で働く人が増えたことが社会問題となりました。

悩んでいませんか。不安を抱えていませんか。

・転職を繰り返して、働いた期間が短い ・どんな仕事が向いているのかわからなくなってきた ・働いた経験がない ・仕事をしていない期間が長くなった ・書類選考や面接がとおらない

サポステでは、就労に向けて

 

相談

  • 今困っていることやその気持ちについて聞かせていただきます。
    (※事前に予約の電話やメールをお願いします。)

働き始める前の各種講座

  • 潜在能力を知り、適性を生かす「一般職業適性検査
  • コミュニケーション力を向上する「コミュニケーション講座
  • 「自分で何とかできる力」を取り戻す、鍛える「ストレスマネジメント講座・認知行動療法
  • パソコンスキルを身につける「パソコン講座
  • 働くことの体験をする「就労体験(5日間程度)」など

講座チラシサンプル

 

応募する前に

  • 求人情報の提供
  • 履歴書、職務経歴書の作成
  • 面接練習

就職後は

  • 相談(仕事の悩みや不安をサポートします)

※サポステでは、キャリアコンサルタント、臨床心理士、産業カウンセラーなどの専門家が守秘義務を守ります。安心してお話ができるような場づくりをしています。

三重県内の就職氷河期世代に向けた情報